一般的なお葬式の流れ

故人との最期のお別れの儀式であるお葬式に際しては、どれだけ事前に準備を整えていたつもりでも、やはり悲しみと心身の疲労の中、戸惑う場面が避けられません。葬儀業者の担当者が寄り添い、随時指示やアドバイスを届けてくれますが、それでも最終決定を自分達故人の家族で下さねばならない場面も多く、家族間で共有すべき知識が見過ごせません。たとえば逝去から通夜を経て葬儀へと続く流れだけを取り上げても、事前に把握しているのか、その都度指示に従って対処するだけなのか、この差は小さくありません。宗派や地域によって違いが見られるケースもありますが、一般的な一連の流れを確認しておきましょう。

故人が逝去されれば、天光社(https://1000kaze.jp/)を始めとする、ご家族が選択した葬儀業者に連絡から遺体を安置場へ搬送し、医師から死亡診断書を作成してもらいます。続いて葬儀の日時、場所、内容を、葬儀業者の担当者と相談から、希望通りの流れが可能なのかを確認し、会場や施設を手配します。こうして最終決定した詳細を、参列をお願いしたい方々に連絡します。

次に納棺からお通夜、そして翌日が告別式へと進んで行きます。一連の流れに際しては、葬儀業者の担当者が次に何をなすべきか、家族としての意向はどうなのかを随時確認から対応し、通夜や告別式の進行は会場の司会者が進行していきます。各々の儀式に際し、たとえばお焼香の作法など細かい部分に関しても、葬儀業者のスタッフが逐一指示を届けてくれますので、予備知識や経験が無いからと不安を覚える必要はありません。

また一般葬儀に際しては、故人の家族は、弔問参列者へのお礼やあいさつ、精進落としなどの接待という役割を担います。結果ゆっくりと故人を偲ぶ余裕がない、心身の負担がさらに大きくなってしまうなどのデメリットが懸念され、家族だけで故人を見送る家族葬を選択される家族が、近年増加傾向を見せています。

天光社(https://1000kaze.jp/)のように自社で家族葬専用の小規模会場を利用することで費用面が抑えられる、内容は基本同じながら式を進行する際に要する時間の短縮など、故人をゆっくりと偲べるお葬式として、そのメリットが見過ごせません。